男性のすね毛・ひざ毛処理の方法とベストな毛の長さは?

夏に悪い意味で本領を発揮する、ごぼう系男子のテルゾウ(@moterugaku)です。

夏はハーフパンツや水着を履く機会も多く、すね毛(ひざ毛・ふくらはぎ毛)の処理に頭を悩ませているナイーブな男子も意外と多いのではないでしょうか?

すね毛 処理 男

僕がまさにその一人でした。細い足に、密集こそしていないが長いすね毛がヒョロヒョロっと複数生えていて、その見た目はほぼゴボウです。

自分でも「我がすね毛ながらダセェなぁ…」ってずっと思っていました。

ひざはひざで、よくひざを地面についていたため、ひざを守ろうとしているのか、結構な本数の膝毛が密集しています。

というわけで、女性に気持よく脚を見てもらうために、僕が考える「オススメのひざ毛の処理方法」と「ベストな毛の長さ」についてお伝えします。

すね毛・膝毛・脛裏(ふくらはぎ)毛のベストな処理方法

考えられるすね毛処理の中で僕がベストだと思う方法かつ、僕が実際に行っている方法がズバリ…

バリカンでの処理です。

※僕が愛用しているバリカンです。リーズナブルですがこれ一つで事足りています。

バリカンで処理をしだすと、個人的にはバリカン処理一択で、他の選択肢は考えられません。ですが一応他の方法と比較してみるので、参考にしてみてください。

すね毛・膝毛・脛裏(ふくらはぎ)の処理方法比較!

それでは、考えられるすね毛処理方法を比較してみましょう!

バリカンで処理する

ベストなすね毛処理の方法は先ほども言いましたが、ズバリ・バリカンでの処理でしょう。

今まではさみで切っていたのですが、非常に切りづらく、とても面倒でした。よくヒョロっと長い毛が複数残ってしまっていたし、はさみで逃げるすね毛と格闘しているとき「俺は何をやっているんだ…」という気持ちになりました。

貴重な時間短縮という意味でも、男らしさの面からも、アタッチメントで好みの長さを指定できるという点からも、バリカンでのすね毛処理を強く推奨します。

「長さが揃ったら気持ち悪いのでは?」

と思われるかもしれませんが、ムダ毛よろしく縮れまくっているので、長さも均一にならず自然な感じに仕上がりますよ。

はさみで切る

これも先ほど言ってしまっていますが、とにかくヒョロヒョロした毛が逃げて切るのが大変!

とくにすね裏(ふくらはぎ)の切りづらさは異常です。

ひざ毛の処理はハサミでも比較的簡単にできますが、長さを固定できるという面でも、どうせ脛とふくらはぎを処理する必要があるという点からも、やはりバリカンがオススメです。

全部剃る

全部剃るのは、ハサミでの処理以上に、最もオススメできない方法です。

男性でつるつるの膝はみっともないですし、ポツポツと毛が伸び出した膝は非常に気持ちが悪いです。

男のくせにすね毛を剃って、毛穴が赤く腫れているというのもカッコ悪すぎます。

「俺は濃いから全剃りしないと…」なんて思ってはダメです。濃ければ濃いほど毛穴も目立つ全剃りはオススメできません

高校時代に急にすね毛を全剃りしてきたY君は、悪い意味で目立っていました。

素直にバリカンで刈りましょう。

クリームとかテープで全部抜く

これも先ほどの「全部剃る」と同様の理由でオススメできません。

なんかメチャクチャ日に焼けた、ボディビルダーみたいなゴリマッチョだったら脇毛も全剃りすることで、なんとか様になるのかもしれませんが、キャラじゃない場合は止めておいた方が無難でしょう。

すね毛・ひざ毛のベストな長さは?

すね毛・ひざ毛のベストな長さに関しては、身も蓋もない答えになりますが、毛の濃さや脚の太さに適した長さを自分で見つけるしかないと思います。

自然な見た目で、自分で見てもすっきりとしている感じに処理するのがベストです。

最初は長めのアタッチメントを使って徐々に短くして、自分の足に合った毛の長さを見つけましょう。「10mm~20mm」というところでしょうか?

美的感覚は人それぞれですが、僕のようなゴボウタイプの足だと、以下の長さで結構しっくり来ると思います。

すね        :9mm
ひざ        :6mm
すね裏(ふくらはぎ):6mm
 ※お好みで脛との長さに差を付ける。

この長さは絶対的なものではありませんが、僕の場合

  • すねが一番長め
  • ひざとすね裏(ふくらはぎ)は脛よりも気持ち短く刈る

のが一番しっくりきました。

すね毛を処理する男は女々しくて嫌われるのか?

男性の場合、すね毛の処理なんてしていない人はしていないでしょう。

そんな女みたいなことをしなくてもモテる人はモテるし、「逆にすね毛を処理することで女々しく思われて女性に嫌われるんじゃないか?」なんて心配するナイーブゴボウ民もいるかもしれません。

しかしそんな心配は無用です。

女性は細かいことを気にする女々しいナルシストは嫌いですが、清潔感のない男性も同じぐらい嫌いで、不自然でない限り男性にもしっかり身体のケアもしてほしいと思っています。

見た目をキレイにするための処理はしてほしいけど、不自然なのは嫌」というワガママな気持ちを持っているのが女性です。

バリカンでかなり自然に処理できるので、特に女性に「処理してるの?」なんて聞かれはしないと思います。

ですが、もし聞かれたとしても「うん。うっとうしいからバリカンでザーッと刈ってる」ぐらいに豪快に答えておけば何ら問題はないでしょう。

「俺のすね毛がなんかダセェな…」と思ったからこの記事を読んでいると思うので、ここは気持ちに正直になって男らしくすね毛を処理しましょう。

僕のようなゴボウタイプの方は、ぜひバリカンでの剃毛に挑戦してみてください。

シェアする

フォローする