30代モテるための男磨き活動報告と今後の予定(2016年夏)

お久しぶりです、テルゾウ(@moterugaku)です。

30代 男 モテる

ここまでそこそこ活動はしていたのですが、ブログがご無沙汰になっていたので、ここまでの活動をちょっと振り返りつつ、今後の方向性について一旦まとめてみようと思います。

テルゾウのモテる活動まとめ(2016年夏報告)

正直、まだそんなにモテてもいない30代男性の活動なんかそこまで需要はないと思います。ですが、少しづつではありながらも前進している気がしなくもないので、「これはこれで貴重な記事だろう」ってことで、ガチな活動報告を記します。

大まかなここまでの流れとしは、

・30代にしてモテる活動開始

1週目:相席屋体験
2週目:ビアガーデン体験→30代初のストリートナンパ実践→1人で2組に声かけするも失敗
3週目:コンビナンパで初の連れ出し成功(看護師二人組)→居酒屋で飲んで解散

・金欠、多忙により前向きな休息 ※知識のインプットと金策に集中

4週目:現役ナンパ師によるナンパレッスン受講 ※この日6人に声かけ

5週目:花火大会で逆三ナンパにチャレンジ→失敗

・ネットナンパ活動開始

という感じです。

まだ大きな成果は出ていませんが「やればやるほど課題が見えてきて、そこを補い、伸ばすための行動ができている」という実感は、少しですがありますね。

致命的な課題と克服するための手段

バリバリ頑張っている人から見たら「まだまだ声かけ数が少なすぎる」と言われてもしょうがない活動内容ですが、ここまで活動してきて、早くも根本的な問題に気づいてしましました。

それは…

運良く連れ出しに成功したところで、そこから会話を盛り上げてロマンスに繋ぐスキルがない

ということです。

これはちょっと効率が悪いかな-と思いました。

最初から順番に(声かけ→連れ出し→ゲット)経験を積んでスキルを上げていくのも、有りっちゃ有りだと思います。

一番敷居が高いと言われているストリートナンパだからこそ、メンタルやスキルが鍛えられるという理屈も解ります。

しかし今のままだと、そもそもが女性に慣れていないので、声かけの成功率も運任せで低いし、そこから先に行くにつれてどんどん確率が下がっていくという状態です。

ビジネスだとまずは大まかなゴールを用意して集客を始めます。

ナンパもある意味自分自信を女性に売り込むビジネス。「ゴールから逆算して練習するほうが効率が良いのではないか?」と考えるようになりました。

ネットナンパ開始と今後の方向性

そのためには女性を楽しませるための会話に慣れる必要があるし、ゲットまでの流れを練習しておく必要があります。

となると、「多くの場数を踏めそうなネットナンパをやってみるのも有りじゃないか?」と考えるようになったわけです。

具体的には、マッチングアプリや出会い系サイトを利用してみるということですね。

…と、まるで自分で辿り着いた考えのように言ってはみましたが、実際は現役ストリートナンパ師さんが

「ネットナンパもいいスよ」

って言ってくれたのが大きいですw

というわけで、今後は

  • 真剣に身体について勉強し、身体を大きくする
  • ネットナンパでゲットまでの経験を積む
  • ストリートナンパで修行を積む
  • オシャレになり、話術を磨く

という感じで活動していこうと思います。

緩い筋トレを続けてきましたが、いっこうに身体が大きくなる気配がありません。

もうちょっと身体について勉強して、効率的なトレーニングをして、ガリガリ体型から女性が好みそうな細マッチョ目指して奮闘します。

花火大会の体験記やナンパ師さんのレッスンなど、掘り下げられそうなネタも、いい感じに記事にしたいと思っているので頑張ってみます。

というわけでまだまだ暑い日が続きますが、モテる男目指して奮闘していきましょう。

シェアする

フォローする